www.ruffothefilm.com

自動車を所有している方でしたら知っていると思いますが、自動車税というものを支払う義務があります。それでこれは所有車の買取時に当たり前に戻ってくるお金なのです。これは現実に自分でやるとすぐ頭に入ってきますがそれでははじめから順番に詳細に紹介したいと思いますあえて補足すれば日本のメーカーの車だけでなくイタリア車などでも税金が返還される対象になっています。クルマについても当てはまります。自動車税というのは自動車を持っている人が支払う税金ですが、税額は自動車の排気量で決定されます。1リッターより低いなら29500円となり、1リッターから1.5リッター以下の場合34500円。これ以降は500cc刻みで5000円ずつが乗ってきます。またこのお金は4月1日時点の所有者が今年度の税額を払うことになります。先払いになるので、当然ですが車を手放して、所有権を失った場合などは先に払った分のお金は還付されるということです。この税は前払いで今年度の全額を納めるので、その翌年3月までの間にクルマを買い取ってもらった場合には入れ替わった所有者が税金の納付義務を負うのです。買い取った相手が買取専門業者であれば引き取り時に支払いすぎた金額を返金してもらえます。まとめると所有権を手放した瞬間以後の自動車税は新しいオーナーが払わなければなりません。例えば10月の間に自動車を買い取ってもらったのであれば11月以降来年3月中までの税額は還付されます。というのは前述した通り自動車税というのは先払いであるということによるものです。つまり前オーナーは売却相手に税を返還してもらうということになります。個人間で自動車を売買する場合には結構このような重要なことに気付かない人がよくいるのでぜひ忘れないようにすることです。自動車税という税金はクルマを売った際に返ってくることをほとんど知らない人が多い事をいいことにその事実を説明しない買取業者もあります。こちら側から税金に関して話を切り出さなければ完全に自動車税のことには触れないというケースもしばしば見られます。ですから自動車の買取をする場合は払いすぎたお金が返金されるかどうかを確認することを怠らないようにしましょう。